沿革

沿革

明治14年 葦すだれ工場を興す
昭和4年 「岡山県連島葦すだれ」として全国販売
昭和29年 塩化ビニールすだれの試作に成功、生産販売を開始
昭和31年10月 資本金200万円の法人組織に改め、渡辺製簾株式会社とする
昭和36年 塩化ビニールすだれの対米輸出急増
昭和37年8月 資本金400万円に増資
昭和39年12月 清音工場完成、操業開始
昭和41年12月 資本金1,600万円に増資
昭和42年 極細菅成型パイプによる織込花筵の生産開始
昭和42年10月 ワタナベ工業株式会社に社名を変更する
昭和43年1月 自社開発ワタナベ式小型押出成型機の発売開始
昭和44年1月 資本金2,000万円に増資
昭和44年2月 東京営業所開設
昭和45年4月 清音工場内に渡辺化成用工場建設
昭和49年2月 資本金4,000万円に増資
昭和49年9月 インフレーションフィルムの製造開始
昭和49年12月 大阪営業所開設
昭和54年4月 ニードルパンチカーペット(不織布)製造開始
昭和56年12月 射出式成型機を設置しエンジニアリングプラスチック分野へ進出
昭和59年4月 仙台出張所開設
昭和59年4月 清音工場内に物流センター開設
昭和63年6月 不織布第2工場増設
平成3年8月 下原工場完成、操業開始
平成8年3月 中国に「中日合資台州渡辺工藝品有限公司」設立
平成9年1月 民生用電気カーペット製造開始
平成10年5月 バッキングライン更新増設
平成12年3月 下原工場増築完成
平成14年2月 不織布製造設備更新
平成14年5月 ISO9001を取得
平成15年5月 本社機能を清音工場へ統合
平成17年4月 清音工場内に物流倉庫増築
平成21年4月 連島新倉庫落成
平成22年4月 下原工場クリーン化 第一期工事完成
平成22年5月 押出成形課を下原工場移転統合
平成22年9月 「設立55周年記念社内懇親の夕べ」を水島国際ホテルにて開催
平成24年9月 バッキング設備増設
平成24年9月 下原工場クリーン化第二期工事完成

ページトップへ